この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

ナチュラルタイプの特徴

オーバーサイズのざっくりした服

ナチュラルタイプの骨格ですが、上半身は肩のラインや鎖骨が目立ちます。
首がすらっとしていて、首筋もしっかり見えます。
腰の位置は高めで、小尻で平坦な形をしています。
肌の質感は皮膚が厚めで、関節や骨が目立ちます。

スレンダーに見えるというメリットもありながら、関節が目立つので男性的な身体つきに見られるというデメリットもあります。
そのため、服で女性らしい丸みのシルエットを足すとバランスよく仕上がります。

麻シャツやざっくりとしたニットは人によっては着太りしてみられるものも、ナチュラルタイプの人が着るとスタイリッシュにキマリます。
その他のものでも、大き目のサイズの服を着ることで同じような効果を得ることができます。

ボトムは、ロングスカートや細見の人が似合うデニムがお勧めです。


ナチュラルタイプのコーディネート

骨格がしっかりしているので、部分をカバーしながら、腕やふくらはぎの細いラインを見せるときれいに見せることができます。
ボディラインに沿ったかっちりとしたスーツ、身体にぴったりとする細見のセーターはあまり向いていません。
また、肩や膝は隠した方がいいので、タンクトップよりもゆったりとした袖がついたもの、丈の短いスカートよりも膝下丈のものを選びましょう。

ワンピースでは布を何枚も重ねたようなゆとりのあるデザインで、女性らしい印象にできます。

ラフなコーディネートが似合うので、柄も自然的で大柄なもの、あるいは不規則な柄が似合います。
葉も混ざった花柄や、ペイズリー柄といった合わせるのが難しいとされやすいものでも、しっくりきます。



TOPへ